歯科助手 勉強方法&実務体験談

衛生管理と救急処置について

「急患」への対応

外傷で歯にダメージを受けた患者さんには

歯科医院には、虫歯や歯周病を訴えて来る患者さんばかりではありません。時には、「歯が折れた!」「歯が抜けた!」など、外的な衝撃を受けて歯を損傷し、歯科医院に駆け込んで来る患者さんもいます。

こういったケースの多くは、小さなお子さんの転倒・転落、スポーツによる怪我などが原因となっており、「急患」として扱います。というのも、抜けたり折れたりした歯は、すぐに手当てをすれば、元通りに戻すことができるからです。

おそらく、慌てて電話をしてくるケースが多いでしょうから、落ち着いて下記の項に挙げる「注意事項」を伝え、すぐ来院するように応対しましょう。順番待ちの患者さんがいても、優先的に診察します。待合室にいる患者さんには、「申し訳ありません、急患ですので」と一言お断りしましょう。

抜けてしまった歯は、どうする?

「歯が抜けてしまった!」と連絡を受けたら、次のような処置をして来院するようにお伝えしましょう。

  • 軽く口の中をゆすぎ、清潔にする
  • 抜けた歯は必ず持参すること。砂などがついていたら軽く洗い流し、決してゴシゴシ洗わない
  • 抜けた歯は、元の位置に戻せれば戻す、できない場合は歯と頬の間に入れておくか、牛乳パックの中に入れるなどして、乾燥しない状態を保持して持って来る
  • なるべく早く、できれば歯が抜けてから30分以内(遅くても数時間以内)に歯科医院に来てもらう

なぜ、こうした指示を出すか簡単に説明を加えておきます。外から力が加わって歯が抜けた場合、歯根膜という歯を歯槽骨に結び付けている線維が途中で断裂しているケースが多いのですが、抜けた歯についている歯根膜がまだ生きている状態であれば、歯を元の骨の穴に戻す処置を行なう(再植する)ことで、再び機能を回復できるからです。

↓ 歯根膜と歯槽骨の断面図

danmen.jpg

歯根膜は乾燥に弱く、口の外では、30分ぐらいしか生きられません。そのため、抜けた歯を湿らせた状態で歯科医院に急いで来ることが大切なわけです。

歯の一部が欠けてしまったら

完全に歯が抜けてしまわず、一部が欠けてしまうこともあるでしょう。そのような場合は、まずは欠けた歯を探してもらってください。それがあるなら、急いで歯医者に行けば、歯の神経(歯髄)が出ていない限り、歯科用接着剤で欠けた部分をそのままつけることができます。

もし神経が出てしまっていても、神経に蓋をする、あるいは神経をとってかわりの薬を詰めてから、欠けた歯をつけられます。万が一、欠けた歯が見つからないときでも、歯と同じ色の樹脂(レジン)などで修復できますので、その旨を患者さんに伝えましょう。

歯が欠けたままで放っておくと、ときに神経が感染して炎症を起こして痛んだり、歯根の先に膿みの袋を作ったりすることがあります。いずれにしても、歯が欠けたり、抜けたりした場合は、放置せず、早めの受診を促すのが患者さんのためと言えます。

ちなみに、歯をぶつけたけれどその時にはグラグラすることもなく見た目は何ともないようでも、気になるようならレントゲンで歯根の状態や神経が死んでいないかチェックすることができますので、そのようなことも教えて差し上げると安心してもらえるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

歯科助手講座を無料資料請求しよう!

シカトル

自宅近所の歯科助手講座のスクールを"簡単一括資料請求!"
一括資料請求サイト ケア資格ナビ

無料で、近所の歯科助手のスクール講座を一括資料請求できます。1分で完了!
※もちろん、資料請求は無料。 >> >> 近所のスクールを簡単一括、資料請求サイトヘ

ニチイ学館

修了生160万人の実績!スクーリングも全国に500教室。
ニチイ学館

平成8年の講座開講以来、160万人の修了生は輩出。安心の実績。実技スクーリングの教室数の多さ!全国に約500教室。 「平日・土曜・日曜・夜間・短期」などクラス設定も豊富だから通いやすい!
>> ニチイ学館の資料請求はこちら