歯科助手 勉強方法&実務体験談

持っていると有利な資格

歯科助手の技能を証明する認定資格

歯科医師会による認定資格

歯科助手に、いわゆる「国家資格」は存在しませんが、民間の団体による「認定資格」がいくつかあります。認定資格を持っていると、歯科助手としての技能を「客観的」に証明でき、就職活動でもアピールできるポイントとなります。

代表的なものとして挙げられるのが、歯科医師会認定の「歯科助手資格認定制度」。特別な試験はなく、各都道府県の歯科医師会で実施されている研修・講習会を受講すれば資格認定書の取得が可能です。

また、認定専門学校であれば、これと同じ内容がカリキュラムに含まれ、卒業と同時に認定資格が取得できるようになっているようです。

資格には3種類ありますから、スキルに応じてチャレンジしていくと良いでしょう。開催日程や受講料は、それぞれの都道府県や地域によって違いますから、興味のある方は最寄りの歯科医師会へ問い合わせて確認してみてください。(ちなみに、私の住む北海道では郡市区の歯科医師会でも認定講習会が開かれています)。

「歯科助手認定制度」
乙種第一 診療室での仕事の知識や技能の習得(約52時間の講習)
乙種第二 事務的な仕事の知識や技術の習得(約40時間の講習)
乙種第一と第二の同時取得も可能。その場合約72時間の講習。
甲種 乙種より、さらに高度な知識や技術の習得(約400時間の講習)
歯科助手養成機関を卒業すると、甲種歯科助手資格認定書が取得できます。
通信講座終了生が取得できる認定資格

歯科医師会以外にも、歯科助手の資格検定試験は複数の団体や法人が主催しています。通信講座の受講を予定されているなら、ユーキャンの歯科助手講座を終了し、「終了認定試験」に合格すれば、受講期限内に実施される(株)技能認定振興協会の『歯科・医療事務管理士®技能認定試験』を在宅受験する資格を得ることができます。(もちろん、独学でも受験できますが、その際は会場に行って受験することになります)これは、魅力ですよね。
ちなみにこの試験は、年6回実施され、合格率は約69%となっています。

その他の検定試験

実施会場が関西地区限定になりますが、神戸と福岡にお住まいなら、医療福祉教育振興グループが主催する、「歯科医療事務検定」「歯科助手検定」というのもあります。ホームページのフォームや電話で依頼すれば、過去問題を一部300円(送料200円)で送ってくれますので、力だめしに受けてみたいと思ったらチャレンジしてみると良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

歯科助手講座を無料資料請求しよう!

シカトル

自宅近所の歯科助手講座のスクールを"簡単一括資料請求!"
一括資料請求サイト ケア資格ナビ

無料で、近所の歯科助手のスクール講座を一括資料請求できます。1分で完了!
※もちろん、資料請求は無料。 >> >> 近所のスクールを簡単一括、資料請求サイトヘ

ニチイ学館

修了生160万人の実績!スクーリングも全国に500教室。
ニチイ学館

平成8年の講座開講以来、160万人の修了生は輩出。安心の実績。実技スクーリングの教室数の多さ!全国に約500教室。 「平日・土曜・日曜・夜間・短期」などクラス設定も豊富だから通いやすい!
>> ニチイ学館の資料請求はこちら