歯科助手 勉強方法&実務体験談

歯科助手の就職関連情報

給料・福利厚生などの待遇は?

一般事務に比べると高待遇

歯科助手を目指す理由の一つとして「待遇がいいから」と考えている人もいるかと思います。医院の立地(都心、郊外、地方)や規模、仕事範囲(受付のみ、雑用のみか、あるいは診療補助まですべてか)によって多少の差はありますが、一般事務などに比べると時給ベースで200円程度、給与ベースで2~3万円くらい高めに設定しているところが多いようです。

時給が高いということは、それだけ仕事も大変というふうに考えるべきでしょう。実際、歯科助手は覚えることも多いですし、たとえ資格はなくとも「医療職」という専門職になるわけですから、それ相応のスキルを要求されます。

もちろん「大変」と思うかどうかは、人それぞれです。「大変だけれど、好きな仕事」「厳しいけれど、やりがいがある」と思えれば、「待遇が良さ」も大きなメリットと感じられることでしょう。

経験を積めば昇給も期待できる!

平均的な数字をあげておくと、基本給は15万円~18万円、それにプラスして手当や賞与が支給されます。年収にすると、200万円~250万円程度といったところでしょうか。時給の場合は、850円~1000円程度のところが多いでしょう。

もちろんこれは平均なので、勤続年数を重ね、知識や経験が増えれば昇給していくことになります。転職の際にも、経験があれば、時給や基本給の上積みが期待できます。まずは、初めてのところで少なくとも2年以上は経験を積むことをオススメします。
3年以上の経験があれば、出産・子育てなどで多少ブランクがあっても、再就職しやすくなると思いますよ。

福利厚生は意外と期待はずれ!?

年金に関しては、常勤が5名以上の事業所でなければ厚生年金に加入する義務はありません。歯科医院でそれだけのスタッフを抱えているところはまず少ないですし、うちも税理士さんから「厚生年金の負担は厳しいので、常勤は4人以内が理想です」とのアドバイスを受けました。

ですから、歯科助手は自分で国民年金に加入しなければならないケースが多いと思います。また、住民税なども給与天引きの「特別徴収」は基本的にしません。「普通徴収」となりますから、収入によって算出された額を、翌年自分で支払うことになります。忘れたころに徴収が待っていますので、そのときになって困らないように貯金しておくようにしてくださいね!

雇用保険については、正社員であれば間違いなく加入しますが、パートやアルバイトの場合は加入の義務はありません。ただ、平成22年4月から制度が改正され、雇用保険加入の条件が緩和されます。それまで雇用見込み機関が6ヵ月でないと加入できなかったのが、1ヵ月以上引き続き雇われる見込みがあれば、希望により加入できるようになりました。パートやアルバイトであっても、歯科助手には長く勤めて欲しいと考える歯科医院が多いですから、院長に相談してみると良いでしょう。

ただし、一定の加入期間がないと失業保険の給付は受けられません。自己都合による短期の離就職の繰り返しをしていては、雇用保険の恩恵はないことを覚えておいてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

歯科助手講座を無料資料請求しよう!

シカトル

自宅近所の歯科助手講座のスクールを"簡単一括資料請求!"
一括資料請求サイト ケア資格ナビ

無料で、近所の歯科助手のスクール講座を一括資料請求できます。1分で完了!
※もちろん、資料請求は無料。 >> >> 近所のスクールを簡単一括、資料請求サイトヘ

ニチイ学館

修了生160万人の実績!スクーリングも全国に500教室。
ニチイ学館

平成8年の講座開講以来、160万人の修了生は輩出。安心の実績。実技スクーリングの教室数の多さ!全国に約500教室。 「平日・土曜・日曜・夜間・短期」などクラス設定も豊富だから通いやすい!
>> ニチイ学館の資料請求はこちら