歯科助手 勉強方法&実務体験談

妻が聞いた歯科医師のホンネ

経験者を欲しがる院長、欲しがらない院長

経験者のメリット、デメリット

経験者のアドバンテージは、未経験者がつまずきやすい「専門用語」や「治療のプロセス」を知っている点にあります。

ただ、反面デメリットもあります。個人経営の歯科医院には、その病院なりのルールや習慣があり、働く歯科医院が変わると、これまで慣れてきたやり方と違うやり方を求められることがある点です。

もちろん、柔軟な人ならすぐに対応できると思いますが、中には「経験者」というプライドもあり、「以前のやり方」を変えようとしない人がいるのも事実です。

以前、夫の歯科医院にもそうした経験者がいて、「前の病院ではこうやっていたんですけど」と素直に聞いてくれない歯科助手がいて困ったそうです。これは、「相性」ということもあるかもしれませんが、勤めている以上、その病院のやり方に慣れるよう努力はするべきでしょう。(まあ、あまりにも非効率的だったり、問題があったりするやり方だったら、改善策を提案したくなることもあるでしょうが・・・)

新規開業の歯科医院の傾向

また、新しく開業する先生も、「未経験」を好む場合が多いようです。これから自分の病院をつくっていこうという時ですから、院長が主導権をとりやすい環境をつくりたいという思惑が働くのかもしれませんね。スタッフと共に成長していきたいという気持ちもあるのでしょう。

経営的な不安はありますが、そうした意味で、未経験の場合、新規開業の歯科医院の求人は狙い目かもしれません。まだ決まったルールが存在するわけではありませんから、未経験であっても意見を採用されやすいので、自分が働きやすい環境をつくれ、やりがいも感じられるでしょう。

ただ、経験者が一緒に現場にいないと、仕事を覚えるのにちょっと苦労するかもしれません。まあ、先生もその辺りは配慮して、未経験者を採用する場合は、もう一人は経験者というようにバランスを取ると思いますが。そうでないと、現場がまわっていかないですしね(笑)

歯科助手頼みの先生

経験者を採用したがる先生は、「歯科助手に多くを頼りたい」というホンネがあります。比較的自由にやれますが、それだけ負担も大きくなります。負担が大きいだけならまだいいのですが、本来、歯科助手ができない仕事まで任せられることになっては大変です。たとえば「診療介助」以上の行為を任せられるようなら、それは違法行為に当たります。後述しますが、実は、歯科医院では、違法行為がまかり通っているケースが多く見られます。

ホンネを言えば「こんなの歯科医師の免許がなくてもできる」という仕事内容もありますが、あくまで免許制で歯科医療が行われている以上、それを持たない者が診療行為を行なうのは罰則対象となっても仕方ありません。

万が一、事故でも起こった場合、謝って済む問題ではなくなります。そのあたりは、歯科助手としての自覚をもって、しっかり仕事に臨んでください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

歯科助手講座を無料資料請求しよう!

シカトル

自宅近所の歯科助手講座のスクールを"簡単一括資料請求!"
一括資料請求サイト ケア資格ナビ

無料で、近所の歯科助手のスクール講座を一括資料請求できます。1分で完了!
※もちろん、資料請求は無料。 >> >> 近所のスクールを簡単一括、資料請求サイトヘ

ニチイ学館

修了生160万人の実績!スクーリングも全国に500教室。
ニチイ学館

平成8年の講座開講以来、160万人の修了生は輩出。安心の実績。実技スクーリングの教室数の多さ!全国に約500教室。 「平日・土曜・日曜・夜間・短期」などクラス設定も豊富だから通いやすい!
>> ニチイ学館の資料請求はこちら