歯科助手 勉強方法&実務体験談

歯科助手の泣ける話

私の失敗談

簡単なようで難しいライトの当て方

診療介助の中で、簡単なようで難しいのがライトの扱いです。患者さんのお口の中を照らし、歯の状態を確認しながら治療を行ないますから、的確に光が当たるようにセッティングする必要があるのですが、その角度の取り方のコツを摑むまでには少し時間がかかると思います。

歯科助手は通常、患者さんの左側に立ちますから、右の歯は視覚的に確認しやすくライトも当てやすくなります。もっともライトを当てにくいのは、左上の奥歯。歯科助手から見ると、患者さんの頬が邪魔をして死角になっているため、自分ではきちんと光が当たっているか確認しにくいのです。

私は初心者の頃、治療中にライトの位置をなかなか決められず、治療が始まってもライトの首を回して微調整していたら、患者さんのお口ではなく、間違って歯科医師の顔を照らしてしまい、後でひどく叱られたことがあります。

ライトで歯科医師を直射したら、眩しくて手元が狂ってしまうかもしれませんよね。位置を調整するにしても、くれぐれも歯科医師の治療の障害にならないように注意してくださいね!

コツとしては、バキュームの柄で患者さんの頬を少し広げるようにすると、歯の位置が確認しやすくなります。患者さんの中には、お口の開きが狭い人もいるので、そのようなコツを知っておくといいかもしれません。

初心者とベテランの差がもっとも表れるところ

診療介助の最初にして最大の難関がバキュームの扱いだというのは、歯科助手の共通した意見だと思います。初心者に任せるくらいなら、自分でバキュームを当てたほうが早いと考える歯科医師もいるくらい、コツと経験がモノを言う業務とも言えます。

私も最初の頃は、角度や位置など考えず、とりあえず患者さんのお口の中にバキュームを突っ込んでいるだけでした。それだけ余裕がなかったとも言えますが(笑)
奥に入れすぎて患者さんの舌や頬粘膜まで吸い込んでしまったり、逆にまったく唾や水を吸い込めず患者さんをむせさせてしまったり。

正面切って「まだ慣れていないでしょ」と患者さんから指摘され、穴があったら入りたい思いをしたこともあります。

ただ、こればかりは経験を積まなければ上達はありません。市販の歯科助手向けに書かれた実用書には、治療する歯の位置ごとにイラストや図解でバキュームの当て方を解説したものもありますから、そうした本で勉強・確認しながら、後は実践あるのみです。

参考図書としては、「実務版 歯科アシスタント MY BOOK」「歯科診療補助」(新歯科衛生士読本)などがありますが、いずれも出版年度が古く、一般書店ではなかなか見かけることができません。
ネット書店で購入し、内容を参考にしつつ、具体的なやり方はお勤めの歯科医院の方針に沿うような感じで習得していくのが良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
→ 次の記事 「困った患者さん」

歯科助手講座を無料資料請求しよう!

シカトル

自宅近所の歯科助手講座のスクールを"簡単一括資料請求!"
一括資料請求サイト ケア資格ナビ

無料で、近所の歯科助手のスクール講座を一括資料請求できます。1分で完了!
※もちろん、資料請求は無料。 >> >> 近所のスクールを簡単一括、資料請求サイトヘ

ニチイ学館

修了生160万人の実績!スクーリングも全国に500教室。
ニチイ学館

平成8年の講座開講以来、160万人の修了生は輩出。安心の実績。実技スクーリングの教室数の多さ!全国に約500教室。 「平日・土曜・日曜・夜間・短期」などクラス設定も豊富だから通いやすい!
>> ニチイ学館の資料請求はこちら