歯科助手 勉強方法&実務体験談

できる歯科助手の仕事術

感染症対策編

麻酔針の扱いは慎重に!

歯科医療に欠かせない麻酔注射。患者さんが治療を終えた後の片付けは歯科助手の仕事ですが、この時の麻酔針の扱いには格別の注意が必要です。それは、何も「針で指を刺したら痛い!」というレベルの話ではありません。

注射針には、患者さんの血液が付着しています。もし、患者さんにB型・C型肝炎やHIVといった感染症があれば、その血液を介してあなたも感染してしまう可能性があるのです。麻酔針に限らず、出血する治療には常に感染リスクがあると考えてください。

歯科医院では、初診時の問診票に「現在、病院にかかっている病気」や「服用中のお薬」について記入してもらいますが、感染する病気を持っているかどうかまで確認しないところが多いと思います。感染症は見た目では判断がつきませんし、ご自身で自覚のない方もいらっしゃいます。

どんな患者さんがいらっしゃるかわからないので、麻酔針や鋭利な器具の扱いには十分注意するようにしましょう。また、これは歯科助手だけでなく、患者間にも当てはまることです。使用済みの器具は良く洗い、必ず滅菌してから次の患者さんに使うようにします。

麻酔針の始末の仕方

慣れない頃は、患者さんが麻酔をされていると、こちらも緊張して終わるとほっと一息ついてしまうものですが、まだそこで一息つくのは早いです!

麻酔針の使用が終わったら、誰かが間違って再使用しないよう、早急に後片付けをしましょう。使用前の麻酔針はキャップがついていて、使用するときにそれを歯科医師が外しますから、使用後は歯科医師から注射器ごと受け取り、慌てず慎重に針にキャップをかぶせ、廃棄物の収集箱へ捨てること。

キャップの入り口も細いですから、キャップを上や横からかぶせようとすると、誤まって指などに刺してしまいやすくなります。基本的にはキャップを固定し、針でキャップを引っ掛けるようにして行うのが一番安全だと言われています。

慣れれば、それほど難しいことではありませんが、麻酔針の扱いだけは、どんなに仕事に慣れても、緊張感を持って行なうようにしてくださいね!

万が一針を刺してしまったら

すぐに傷口を洗って、血液を搾り出しましょう。そして、消毒液をつけて応急処置をすること。できれば、その後、内科へ行って検査してもらうのが安心です。
通常、歯科医院では感染症への対策考えているはずですから、万が一、針を刺してしまったらすぐ院長に報告するようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

歯科助手講座を無料資料請求しよう!

シカトル

自宅近所の歯科助手講座のスクールを"簡単一括資料請求!"
一括資料請求サイト ケア資格ナビ

無料で、近所の歯科助手のスクール講座を一括資料請求できます。1分で完了!
※もちろん、資料請求は無料。 >> >> 近所のスクールを簡単一括、資料請求サイトヘ

ニチイ学館

修了生160万人の実績!スクーリングも全国に500教室。
ニチイ学館

平成8年の講座開講以来、160万人の修了生は輩出。安心の実績。実技スクーリングの教室数の多さ!全国に約500教室。 「平日・土曜・日曜・夜間・短期」などクラス設定も豊富だから通いやすい!
>> ニチイ学館の資料請求はこちら